コーヒー初心者にオススメ!これだけ守れば美味しく飲める方法大公開

スポンサーリンク
tips

ハイライト

  • コーヒーは豆の質が圧倒的に重要
  • 淹れ方や道具はこだわりたくなってから買い足すので十分
  • 美味しいコーヒーライフを楽しもう!

皆さんはよくコーヒーを飲まれますか?

私は学生時代からコーヒーに目がなくて、いろいろなコーヒーを飲んできました。

それこそ高い豆を買ったり、いろいろな淹れ方をトライして失敗してきたりしたのですが(笑)、そこで積んだ経験をこの記事では皆様にご紹介させていただければと思います。

コーヒーを入れる際にその味を左右する要素は主に次のようなものがあります

  • コーヒー豆の種類(コロンビア、ブラジル、ブルーマウンテンなど)
  • コーヒー豆の煎り方(浅煎り、深煎りなど)
  • コーヒー豆の挽き具合(細挽きなど)
  • 淹れ方の種類(フレンチプレス、ペーパードリップなど)
  • 淹れるときのお湯の滴下方法
  • 淹れる際の豆の量
  • 淹れる際のお湯の温度

いっぱいありすぎて、初心者の方には訳がわからなくて難しいと思います。しかし、重要な点としてはこれらの要素は全部が同一の重要性ではなく、必須のものと最初の方はあまり気にする必要がないものが混在していることです!

結論から言うと、焙煎してから時間の経っていない豆を、淹れる直前に挽いて淹れれば多少淹れ方や温度、量が適当でもかなり美味しく出せます。逆に豆の質が悪いものを使ってしまっては淹れ方・淹れる種類・挽き具合をいくら工夫しても全く美味しくなりませんので注意!(個人の意見です、念の為)

豆の質そのもので8割がた味が決まって、あと少しのブラッシュアップをするために淹れ方の工夫がある、といった認識で間違いないと思います♪

つまり、初心者の方は淹れ方や淹れる道具、温度などに気を使うよりも良い豆を買ってしまいさえすれば美味しいコーヒーが気軽に楽しめるというわけです

我が家のコーヒーセットはこんな感じ!参考にしていただいてもOKですし、別にこれ以外の組み合わせでも十分美味しく飲めます。

コーヒーを入れる道具

コーヒー豆の状態(オススメの商品、種類、煎り方、挽き具合)

豆ですが、スーパーで売られているものやチェーンのコーヒーショップで売られているものはあまりオススメできないケースがあります。焙煎してから時間が経っているものがかなり混入してしまいます!(残念ながら彼らはそのようなものも売らないと商売にならないのです)

ネットショップで、注文後に焙煎してくれる店を探しましょう!

私が愛用している店はこちら!壱枚乃絵(兵庫県たつの市)

注文が入ってから焙煎してくれて、届いたときにはコーヒー豆からガスが出て袋がパンパンになっているような素晴らしい出来栄えのコーヒー豆を提供しています♪

これまで使ったことのある店で、最も香り高く部屋中にいい匂いが充満するコーヒーを楽しめます!!特に私が好きなのはキリマンジャロ!壱枚乃絵のキリマンジャロと出会ってからはこればから注文してます笑

できれば挽いていない豆の状態で入手するとGood!上述の通りコーヒー豆は焙煎後、挽いたあとからどんどん劣化していくのでなるべく豆の状態で購入して、飲む直前にミルを使って挽きましょう。仕事の合間にコーヒー豆を挽いてコーヒー休憩をすると心にも余裕ができて良いですよ。

挽き具合はザラメより少し細かめ程度がオススメ!細かく挽きすぎると雑味が出ると言われていますが、基本的には味が出やすくなって初心者でも味わいを楽しみやすくなるので細かめに挽いた状態から検討していくべき!

コーヒー豆の挽き具合

コーヒーの淹れ方

100均のコーヒードリッパーとコーヒーフィルターでもOK!

お湯をポットなどでグラグラに沸かしたあとに、1分程度待ってからコーヒー豆全体を湿らせる程度たらして1分まちます。

その後はコーヒー豆が舞い上がらない程度にゆっくりお湯を加えていくだけ!

カリタなどのコーヒースプーンはできれば買いましょう!

量は書いてある量を守れば基本的にOK!

すごいドリッパーとかフィルターとかは、もし欲しくなったら買うのでOKで基本的に後回しにしてください!

こだわるべきは圧倒的に豆の質です!

美味しいコーヒーの完成!

完成した美味しいコーヒー

美味しいコーヒーが完成しました!部屋中に良い香りが充満しています!程よい酸味と深いコクが壱枚乃絵のキリマンジャロの特徴でまさにその味を体現した素晴らしいコーヒーに仕上がりました。

皆さんのコーヒー豆の質に重点を置いた快適コーヒー生活をお楽しみください!

(記事は個人の意見です、念の為)

コメント

タイトルとURLをコピーしました